ercol kitchen table


※9月24日(日)は大江戸骨董市に出店いたします。
第4日曜日ですが、特別開催です。
https://www.antique-market.jp/
お店はお休みです。



きょうもありがとうございました。

DSC_0498.jpg


DSC_0500.jpg


DSC_0502.jpg


DSC_0501.jpg


DSC_0504.jpg


DSC_0505.jpg


DSC_0506.jpg


DSC_0507.jpg


DSC_0511.jpg


DSC_0513.jpg


DSC_0515.jpg


DSC_0517.jpg

イギリス、アーコール社のキッチンテーブルです。
このマガジンラック付きのかいわいくて、実用的な、ダイニングテーブルは本当に希少になりましたよ。
ぜひこの機会にお勧めします!
size W100cm D69cm H73cm 88,000-(hold)
(曇天で撮影でしたので実物はもう少し明るい色です)



menu_banner120x60.gif





昨日、見てきましたよ「ダンケルク」
あっという間の106分でした、すぐにもう一回みたいです




では、またあした!




ボウバックウィンザーチェア(スプラットバック)



※9月17日(日)は大江戸骨董市に出店いたします。
https://www.antique-market.jp/
お店はお休みです。


きょうも日本民藝館のウィンザーチェア展を記念して
1人でウィンザーチェア展です。http://www.mingeikan.or.jp/

お付き合いありがとうございました。
一応、きょうで終わりです。
気になる物がございましたでしょうか?

では、オーラスはこちら
題して「手つかずの椅子」
ほぼオリジナルのコンディションが素晴らしいです。

DSC_0373.jpg

DSC_0368.jpg

DSC_0374.jpg

DSC_0382.jpg

DSC_0388.jpg

DSC_0387.jpg

DSC_0390.jpg

DSC_0380.jpg

DSC_0375.jpg

DSC_0379.jpg

DSC_0377.jpg

DSC_0376.jpg

DSC_0392.jpg

ボウバックウィンザーチェア(スプラットバック)
ボウバックのボウ(BOW)は弓です。
正確には背中の弓形の棒と、アームの弓形の棒でダブルボウバックとも呼ばれます。
背板(スプラット)のデザインは比較的シンプルでこれもまた良い。
座面の掘込みも絶妙でぜひ坐っていただきたいです。
オリジナルコンディションがすばらしく、この先も大事に育てていただきたい1脚です。

あくまでも想像ですが、田舎の家の暖炉の横で長く使っていたのではないでしょうか?
足元の煤けた感じは時間の経過を物語っています。
size W57cm D59cm H92cm SH43cm 160,000-
19世紀 イギリス ノッティンガム地方周辺



menu_banner120x60.gif




きょうからだそうです
ちょっと見てみたいなぁ、、
渋谷TSUTAYA7F「FENDER CAFE」内
「MY FIRST FENDER」展(青春の1本)




きょうもありがとうございました。
また、明日もお待ちしております!




スティックバックウィンザーチェア


※9月17日(日)は大江戸骨董市に出店いたします。
https://www.antique-market.jp/
お店はお休みです。


きょうも暑い中、ありがとうございました。
夏でしたね、、

昨日、行ってまいりました、日本民藝館へ
「ウィンザーチェア -日本人が愛した英国の椅子」


立派な図録を買ってきましたのでぜひ店頭でご覧ください!

帰りに恵比寿のタミゼさんに寄ってこれも見てきましたが、
スゴかったです(写真はタミゼblogから拝借)
20170805_1850246.jpg


さぁ、気持ちを切り替えて
きょうの1人ウィンザー展はこちら

DSC_0351.jpg

DSC_0364.jpg

DSC_0359.jpg

DSC_0357.jpg

DSC_0356.jpg

DSC_0353.jpg

DSC_0350.jpg

DSC_0349.jpg

DSC_0348.jpg

小ぶりながらも味わいがあります。
特に座面とフープ(背中の弓の部分)の木味が素晴らしいです。
前足、下側の飾りのリングが使われ削れて、ほぼなくなっています。
たくさん坐ったんでしょうね、、

エルムスティックバックウィンザーチェア
W43cm D48cm H88cm SH43cm 38,000-




menu_banner120x60.gif




※お知らせです。
友人2人のイベントです!!

【栄久×macikaci 】
吉祥寺のカフェ「栄久(えく)」×札幌のamerican waffles「macikaci (マチカチ)」のコラボイベントです。
9/16.17土日 1100-1900(LO.1700又は生地が無くなり次第終了です)
詳しくはコチラからどうぞ→https://www.instagram.com/macikaci_chika/

どうぞよろしくお願いします!



では、またあした。




child windsor chair



※9月17日(日)は大江戸骨董市に出店いたします。
https://www.antique-market.jp/
お店はお休みです。

久しぶりの出店となります。
どうぞよろしくお願いいたします(シェイクシャック前です!涙)


では、きょうも日本民藝館のウィンザーチェア展を記念して
1人でウィンザーチェア展です。http://www.mingeikan.or.jp/

ちょっとカジュアルではないのですが素晴らしい逸品ですので、どうぞじっくりとご覧ください!(左)
DSC_0331.jpg


DSC_0335.jpg


DSC_0337.jpg


DSC_0338.jpg


DSC_0340.jpg


DSC_0341.jpg


DSC_0342.jpg


DSC_0339.jpg


DSC_0344.jpg

おそらく19世紀ノッティンガム地方で作られたウィンザーチェアです。
3/4スケールほどでしょうか?
作りも良く大人用にまったく負けていません。
小さいながらも迫力あります。
使い込まれた古艶、なんとも味わいがありますね。
size W50cm D48cm H83cm SH36cm 120,000-



DSC_0333.jpg
大人用のスティックバック(右)もまだございますのでこちらもどうぞ!
http://menu2008.blog64.fc2.com/blog-entry-2598.html



よかったらオンラインショップもお立寄ください。

menu_banner120x60.gif




今週もありがとうございました。
あす火曜は定休日です。
また水曜日にお待ちいたしております。





windsor quaker chair



きょうも気持ちの良い天気になりましたね。
ありがとうございました!


ではきょうも日本民藝館のウィンザーチェア展を記念して
1人でウィンザーチェア展です!http://www.mingeikan.or.jp/

おなじみのアーコールチェアです。
時代はありませんが、立派なウィンザーです。
アーコール社のカタログでは「ウィンザークェーカーチェア」
デザイナーは創業者のルシアン・アーコラーニ

ハイバックの背板は当時は新鮮だったでしょうね、、
ぜひ一度、坐っていただきたい1脚です。

DSC_0316.jpg

DSC_0318.jpg

DSC_0319.jpg

DSC_0320.jpg

DSC_0321.jpg

DSC_0323.jpg
DSC_0322.jpg

DSC_0326.jpg

size W50cm D57cm H100cm SH42cm a.28,000- (stock→6)



よかったらオンラインショップもお立ち寄りください。

menu_banner120x60.gif



これ買わないとね、、
CREA Traveller Autumn 2017 英国の休日


では、またあしたもお待ちしております。





2 stick back windsor chair



すばらしい秋晴れの土曜日となりました。
ご来店ありがとうございました。

いい季節ですね。
あすもお待ちしております!


きょうも日本民藝館のウィンザーチェア展を記念して
1人でウィンザーチェア展です!http://www.mingeikan.or.jp/


きょうはこの無骨で重厚な2脚です。
座面の木目が横向きになっているので特徴的です。
より素朴な印象になります。
どちらも小ぶりな椅子のわりにずっしりと重いです。
(Bは以前紹介しましたね)

DSC_0304.jpg



A
DSC_0305.jpg

DSC_0306.jpg

DSC_0308.jpg

DSC_0310.jpg

DSC_0307.jpg

DSC_0311.jpg
W42cm D46cm H86cm SH42cm 33,000-


B
DSC_8722.jpg

DSC_8726.jpg

DSC_8724.jpg

DSC_8723.jpg

DSC_8719.jpg
W48cm D42cm H87cm SH44cm 33.000-



よろしければオンラインショップもお立ち寄りください。

menu_banner120x60.gif



秋の夜にぴったりです




またあした。




スツール×3



きょうもありがとうございます。
平塚は不思議なお天気でした。
大気が不安定は天気予報で聞いていましたが、
スゴイ雨でした。やっぱり蒸し暑いです、、

週末はすごしやすそうですね。
どうぞお出掛けください!

では、きょうはウィンザーチェアの仲間という事で、木味の良いスツールを3脚ピックアップしてみました。



DSC_0266.jpg


A
DSC_0269.jpg

DSC_0270.jpg

DSC_0273.jpg

DSC_0272.jpg

DSC_0274.jpg

DSC_0275.jpg

DSC_0276.jpg
天板の大きさcm 高さcm 24,000-


B
DSC_0288.jpg

DSC_0290.jpg

DSC_0292.jpg

DSC_0291.jpg

DSC_0293.jpg

DSC_0294.jpg

DSC_0295.jpg
天板の大きさcm 高さcm 18,000-


C
DSC_0278.jpg

DSC_0281.jpg

DSC_0283.jpg

DSC_0284.jpg

DSC_0286.jpg

DSC_0285.jpg

DSC_0287.jpg
天板の大きさcm 高さcm 16,000-



オンラインショップもお立ち寄りください!

menu_banner120x60.gif



そういえば、先週のハロー張りネズミ見ました?
泣きました〜〜(大根さん森田くん!)
ぜひ見て欲しいです
今夜も楽しみでなりません、、

そして、なんと最終回に野田君が登場ですって!

もうワンクール見たいです



あすもお待ちしております。




スクロールバックウィンザーチェア



きょうもありがとうございました。

まだまだ蒸し暑いです。
どうも湿度が高いようです。
お肌にはいいんでしょうね、、


では、きょうも日本民藝館のウィンザーチェア展を記念して
1人でウィンザーチェア展です!http://www.mingeikan.or.jp/
menuではミュージアムピースではなく、あくまでもカジュアルに日常使いができて、しっかりと時代、味、のある物をチョイスしております。
きょうはこの2脚です。

「scrollback windsor chair」
scrollスクロールは紙などの巻物から、2本の背もたれ上部のデザインが
クルッと丸まっている所から、その名がついているそうです。

また、おなじみの「ウィンザーチェア大全」によりますと
19世紀半ばから、椅子の聖地ハイウィッカムで大量に作られた事によって、ウィッカムチェアと呼ばれる事もあるそうです。
ウィンザーチェア大全―歴史、デザイン、製作技法、名品紹介などすべてを網羅した決定版

今回は2脚あります。
DSC_0234.jpg


A
DSC_0236.jpg

DSC_0237.jpg

DSC_0239.jpg

DSC_0240.jpg

DSC_0242.jpg

DSC_0246.jpg

DSC_0243.jpg

DSC_0238.jpg
size W46cm D46cm H85cm SH46cm 26,000-



B
DSC_0247.jpg

DSC_0248.jpg

DSC_0249.jpg

DSC_0251.jpg

DSC_0250.jpg

DSC_0253.jpg

DSC_0255.jpg

DSC_0257.jpg

DSC_0258.jpg
size W48cm D46cm H83cm SH43cm 24,000-



スクロールバックのアームチェアもまだございます!
こちらからどうぞ↓
http://menu2008.blog64.fc2.com/blog-entry-2565.html



menu_banner120x60.gif



※配送について
一般的な椅子の場合は(梱包した状態で3辺合計が200cmまで)ヤマト運輸さんのヤマト便にて本州でしたら2000円にて発送いたします。比較的安価に運べますが、宅急便のように日時のご指定はできません。


気になる椅子がございましたら、どうぞお気軽にお知らせください!
状態は?、もっと写真が見たい、ここのアップをください、などなど
メールでもSNSでも、どちらからでもかまいませんよ。
ご連絡お待ちしております。


では、またあした。





スティックバックウィンザーチェア



今朝は茅ヶ崎まで搬入に行ってきました。
明日から「クゥアドゥヌフ」さんのイベントです。

こちらからどうぞ→http://www.quoideneufdeco.com/




では、きょうは、、こちらも明日からスタートのイベント!
poster_201709.jpg
日本民芸館の特別展です。
ウィンザーチェア  日本人が愛した英国の椅子  
2017年9月7日(木)~11月23日(木・祝)
http://www.mingeikan.or.jp/

当分の間、ウィンザーチェアを紹介していきますね。
どうぞお付き合いください。


では、きょうは今回の仕入れではシングルチェアの中では
一番の気に入りです。

DSC_0228.jpg


DSC_0221.jpg


DSC_0223.jpg


DSC_0224.jpg


DSC_0225.jpg


DSC_0227.jpg


DSC_0230.jpg


DSC_0231.jpg


DSC_0229.jpg


DSC_0226.jpg

とてもバランスのよいスティックバックのウィンザーチェアです。
小ぶりながらもしっかりとした作りで、座面も良い味です。
明るい色もいいですね。後ろの刻印も味がありますね。。

W43cm D44cm H89cm SH44cm sold



よかったらオンラインショップもお立ち寄りください。

menu_banner120x60.gif



きょうは雨の中ありがとうございました。
明日もお待ちしております。




royal regatta bench



きょうもありがとうございました。

秋めいた青空はめちゃくちゃ気持ちが良く
店頭での作業もはかどります。

では、お品物です。

イギリス北部の巨大なアンティークフェアで、朝一番で見つけ一人でガッツポーズをしたベンチです。

DSC_0173.jpg

DSC_0174.jpg

DSC_0175.jpg

DSC_0177.jpg

DSC_0178.jpg

DSC_0179.jpg

DSC_0180.jpg

DSC_0181.jpg

背中の味のある文字が最高です。
「Henley-on-Thames」はロンドンから西へ60kmほどいった小さな田舎町、その田舎町で開催されるのが「Henley Royal Regatta」ボート競技です。

イギリススポーツ界の4大イベントの1つだそうです。
ウィンブルドン選手権(テニス)、ロイヤルアスコット開催(競馬)、全英オープン(ゴルフ)そしてこのロイヤルレガッタ(ボート)

その歴史はやはり古いですね。
1839年に発足した同大会は、イギリスを中心とした世界各国のレガッタチームが多数参加し、男子一般、女子一般、学生、ジュニアなど、全19の部門によって対抗戦が展開される。(wikiより)

そんな、立派な大会で使われていたであろうベンチです。
折りたたみで3人掛けと実用的です。
size W140cm D55cm H82cm SH45cm 折り畳むと厚み9cm 80,000-


これは参考まで(2人掛けでヘンリーレガッタのロゴ)
royal regatta



menu_banner120x60.gif



※お知らせです!


いつもお世話になっているフランスアンティークの
「クゥアドゥヌフ」さんの茅ヶ崎のイベントです。
今回も少しお手伝いさせていただきます。


茅ヶ崎中海岸のギャラリー「CREATIVE SPACE HAYASHI」にてフランスアンティークとハーブのある暮らしをテーマに企画展を開催させて頂きます。

日時:9/7(木)〜10(日)11:00〜18:00

7月に買付した新商品のアンティーク雑貨と南仏のティザンヌ & クミントさんのワークショップ
『パリジェンヌ気分で作るブレンドハーブティー』とオリジナルハーブティーの販売も行います。

詳細はこちらからどうぞ!

http://quoideneuf.cart.fc2.com/


では、また明日もお待ちしております。





プロフィール

antiqe shop menu

Author:antiqe shop menu
menu homepage

menu onlineshop

menu facebook

menu instagram

open
12:00~19:00
closed 火曜日
平塚市松風町30-16
0463-22-4139

Twitter

検索フォーム

FC2カウンター