A Kenrick & Sons coffee grinder



きょうもありがとうございました。
あすもお待ちしております。


では、お品物です。
イギリス製の鋳物で重厚なコーヒーミルです。

DSC_6978.jpg


DSC_6979.jpg


DSC_6980.jpg


DSC_6981.jpg


DSC_6982.jpg


DSC_6983.jpg


DSC_6984.jpg


DSC_6985.jpg


DSC_6987.jpg


本体、引出しと鋳物でしっかりとできていて、豆をうけるお皿の部分は真鍮で少し装飾がされています。
木のハンドルにも品がありますね。

このArchibald Kenrick&Sons Companyは、創始者のArchibald Kenrickによって、1791年にウェスト・ブロムウィッチに高品質の鉄鋳物工場として設立されたそうです。

このミルも家具と一緒で時代の特定は難しいのですがヴィクトリアン後期(1870年代〜1901年)くらいはあるそうです。
この時代にイギリスはコーヒーをたくさん消費していた!?
え、紅茶じゃないの!?って思いますが、イギリスのコーヒーの歴史は
かなり長いようですね、、
詳しくはコチラをどうぞ→イギリスでは1650年〜51年にオックスフォードでコーヒー・ハウスが営業を始め、1652年には初めてロンドンにコーヒー・ハウスが開業した!
紅茶が大衆に普及し始めたのは18世紀の半ばになってからだそうです。

もともとのコンディションが良く、ネジの固着等もなかったので、かんたんに分解掃除ができました。
本体の裏側に挽き目の調整用のネジがあり調整できます。
試し挽きをしましたが、思っていたよりもかなり調子がいいです。
当時の高級品で長い間、大事にされていたのでしょうね。

この品物も以前、ご紹介しましたアイアンのミルクカンと同様に高級アンティークでよく見かけてなかなか、仕入れられなかった品物です。
がんばって仕入れました。

幅14cm 奥行き12cm 高さ17cm 30,000-



menu_banner120x60.gif



そろそろ、恒例のクリスマスパーティーの準備をしないといけません。やっぱりセワシナイですね、、


きょうはジョンの命日


では、またあしたね。



COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

antiqe shop menu

Author:antiqe shop menu
menu homepage

menu onlineshop

menu facebook

menu instagram

open
12:00~19:00
closed 火曜日
平塚市松風町30-16
0463-22-4139

Twitter

検索フォーム

FC2カウンター